一期一会トップ.jpg


県政史上初!

徳島~香港間「季節定期便」就航へ



 長かった酷暑もようやく一段落し、いよいよ行楽シーズン到来。旅先での自然や食、文化などを満喫される方はもちろん、年末年始に向けて旅行計画を立てる方も多いのでは?そんな皆様に耳寄りなお知らせが!
 平成30年1月、本県の空の玄関口「徳島阿波おどり空港」に、国際線に対応した新ターミナルがオープン。これに合わせ、利用促進に向けた積極的な誘致活動を展開、冬と夏合わせて21往復40便の香港連続チャーター便が就航し、平均搭乗率は何と83.8%!利用された香港からの多くの皆様に好評を博しました。
 こうした実績が評価され、この度、チャーター便を運航した「キャセイ・ドラゴン航空」による、県政史上初となる徳島~香港間の「季節定期便」が就航!徳島が世界へと繋がります。
 季節定期便では、これまでのチャーター便とは異なり、インバウンド・アウトバウンド両面にわたり、県民はじめどなたでも、お一人様からのご利用が可能に!
 また、香港国際空港を拠点とし、キャセイ・パシフィック・グループがカバーする世界52カ国、約200都市と直結。乗り継ぎ利用による「時間的・経済的メリット」に加え、世界各地への渡航の利便性が大きく高まります。
 期間は来る12月19日~来年3月27日、毎「水曜日」「土曜日」の週2便。香港そして世界をより身近に、「観光」あるいは「ビジネス」と、ぜひご利用ください。
 最終目標は国際定期便の通年化。今後はイン、アウト双方向の交流拡大を図るため、徳島から香港さらには世界に向けて精力的にプロモーションを展開し、着実に目標達成できるよう取り組んで参りますので、ご理解・ご協力よろしくお願いします。