一期一会トップ.jpg


一期一会 vol.120 新規就業するなら徳島で!

~「農林水産」即戦力の新たな育成~



 農林水産業は本県が誇る基幹産業。「すだち」「なると金時」「阿波尾鶏」「鳴門わかめ」をはじめ、豊富で「新鮮な食材」を供給する徳島は「関西の台所」と称されており、今や「世界の台所」にも、と期待されています。
 一方、就業人口の減少や高齢化が進んでいるのも事実。そこで、将来に向け、伸びゆく農林水産業とするため、徳島ならではの「新たな人材育成策」を展開しています。
 まず、農業では「海部きゅうり塾」。平成27年10月に開講し、「サーフィンがしたい。しかし生活できない。じゃあ、きゅうりを作ろう」と首都圏から入塾された方も。まさに「半農半X」。県南で新たなライフスタイルが次々と実践されています。
 林業では、昨年開講した「林業アカデミー」。伐採期を迎え、地球規模の気候変動対策としても大いに期待される本県森林林業。高性能機械の操作方法も修得し、今年卒業した1期生11名の皆さんは「引く手あまた」。即戦力として林業現場に巣立っていかれました。

 そして、今年4月のスタートの「漁業アカデミー」。カリキュラムのトップバッターとして、私が「もうかる漁業創出への挑戦」と題して講義。1期生7名はベテラン漁師による定置網漁など漁業技術を修得中!「徳島の浜を支える担い手」として、現場で活躍される姿が間もなく見られることでしょう。
 徳島の農林水産業は可能性と魅力の宝庫!農業・林業・漁業を学ぶなら徳島で。県としても、即戦力となってもらえるよう全力でサポートいたしますので、県内外を問わず、多くの皆様のチャレンジをお待ちしています。